【今週の視点】きめ細かい労務管理を JP新給与制度(案)

2012.07.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「人あっての企業」忘れず

 社内最大労組の大会承認を経た日本郵政(JP)グループの新人事・給与制度(案)。「頑張った者が報われる」制度の構築に向けた大きな前進だが、きめ細かい労務管理の併用が求められる。厳しい競争環境を勝ち抜くために新制度を通じた生産性向上が必要というわけだが、企業が「人」で成り立っている視点を軽んじれば、必ずどこかに歪が生じる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年7月2日第2879号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ