【今週の視点】日本型役割等級問う機会に 海外拠点への適用を

2012.10.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

統一は練り上げた仕組みで

 人事のグローバル化が喫緊の課題となるなか、多くの企業が幹部社員のタレントマネジメントや若手駐在員の養成に力を傾けている。今後、人材を有効に活用していくためには、グレード体系の統一など制度面の整備も求められる。現地への適応一辺倒ではなく、90年代以降練り上げられてきた日本型役割等級を、世界に問う機会としてもらいたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年10月1日第2891号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ