【今週の視点】長期滞留者の納得性確保を 曖昧さが意欲低下へ

2012.11.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

評価・処遇に整合性必要

 評価と処遇の関係の曖昧さは、一部の人材に極端なモチベーション低下をもたらす。かつてのように安定的に昇給していくことはかなわず、組織のフラット化や管理職比率の厳格化で昇格者の数も限られるなか、人事制度には従来以上に「めざす待遇がどうしたら得られるか」を示す役割が期待される。長期滞留者が納得できる、筋の通ったシステムが欠かせない。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年11月12日第2896号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ