【今週の視点】ローカルユニオンは試金石 「正社員労組」脱皮へ

2012.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

連合の組織化新プラン

 連合が組織化の件で大きく舵を切るが、大手正社員組合と揶揄されがちな連合改革につながり得る今回の動きに注目したい。本部の主導性発揮を前面に打ち出した中、ローカルユニオンや組織化基金(ともに仮称)創設などを盛り込んだ。とくに前者の実現は連合改革の試金石になるとみられ、「大」が「小」を、「強」が「弱」を包み込む「労組本来の姿」実現が試される。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年5月21日第2873号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ