【今週の視点】無期転換制度 労働力の“囲い込み策”に

2017.04.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

経営目線で活用を 恐れて雇止めなどせず

 本紙が連載で取り上げている有期契約労働者の「無期転換」開始まで1年を切ったが、権利行使者がどれほど現れるかは未知数である。「正社員」としなければならないわけではないが、本人の申出で無期化は成立するため準備を怠れない。無期化を恐れて雇止めなどせず、むしろ経営目線で制度の積極活用を促す方が、人手不足時代の「囲い込み策」になり得る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月17日第3109号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ