無期転換制度「条件によっては利用」4割 東京都調査

2016.05.18 【労働新聞】

 東京都が実施した「契約社員に関する実態調査」で、5年を超えて有期労働契約を反復更新した際の無期転換制度について、転換後の労働条件を問わず利用したいと考える契約社員は2割にとどまることが分かった。賃金が良くなるなど一定の条件下で利用したいと考える人が4割に上る。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年5月16日第3064号2面

あわせて読みたい

ページトップ