ワーク・ライフ・バランス 企業5割超が成果「不十分」 東京都調査

2016.04.19 【労働新聞】

 従業員のワーク・ライフ・バランスに取り組んでいるものの十分な成果が出ていない企業が半数――こんな状況が東京都のアンケート調査で明らかになった。成果が出ない理由として、代替要員確保の難しさを挙げる企業が多い。調査は昨年9月、東京都内の従業員30人以上規模事業所に行ったもので、746社の有効回答を集計した。

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年4月18日第3061号2面

あわせて読みたい

ページトップ