”化学”連携強まる 連合内産別 JEC、UAゼンセン等

2018.07.17 【労働新聞】

 化学関連の産別間連携が強まっている。UAゼンセン(松浦昭彦会長)製造産業部門とJEC連合(平川純二会長)が「化学産業シンポジウム」を初めて協賛し、今秋にはJEC連合と事務所(東京都内)を共同利用する産別が現れる予定となっている。

 JECは今月札幌市で開催する大会に「連合内産別との連携に向けた協議」とする議案を提起する。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年7月16日第3169号4面

あわせて読みたい

ページトップ