JEC連合・18春闘 今年も「水準闘争」 結果として2%めざす

2018.02.05 【労働新聞】

 化学エネルギー産業の労働組合でつくるJEC連合(平川純二会長)は、1月中旬に東京で開いた第12回中央委員会で「結果として平均2%程度」の賃上げをめざす18春闘方針を決定した。

 昨年の17春闘同様、連合方針に基づき底上げ・底支え、格差是正の取組みを継続する方針で、とくに300人未満で成果があった昨春闘の流れを「大きなうねりとし、個人消費、企業の活性化につなげる循環をめざす闘いとする」(平川会長)。

 組合員の個別賃金データから作り上げたモデル賃金を基に、自社の賃金実態に合った要求額を組み立てる水準闘争を展開する方針。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年2月5日第3147号4面

あわせて読みたい

ページトップ