化学総連構成組織の勧誘へ 〝単組〟引抜き狙う JEC連合・新年度運動方針 産別機能強化もめざす

2016.08.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

  化学関連企業の労働組合でつくるJEC連合の第15回定期大会が7月21・22日に横浜市で開催され、5月末日に連合を脱退した化学総連構成単組との連携 に向けた意思統一が図られた。今大会で退任した永芳栄始会長は冒頭、化学エネルギー産業の発展とそこで働く者の労働条件向上には大同団結が大変重要と述べ、吉田直浩事務局長も方針案に対する代議員からの質問に、個別の単組を勧誘する(引き抜く)計画だと述べた。産別機能強化に向けた連合内産別との連携強化に関する協議開始も決めた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月1日第3075号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ