再度の連携めざす JEC連合・永芳会長 協定失った化学総連と

2016.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 化学系企業の労働組合でつくるJEC連合(日本化学エネルギー産業労働組合連合会・永芳栄始会長)は7月6日、同21~22日にかけて東京都内で開催する第15回定期大会に先立って記者レクチャーを開催した。

 JEC連合と協力関係にあった大手化学メーカーの労働組合(20組合)でつくる化学総連が5月末日をもって連合を離脱した件に触れた永芳会長は、「我われの側にも連携しようという意気込みが薄れていた面があるかもしれない」とやや自嘲気味に語るとともに、「いつもそばにいるのが当たり前で、『明日もそこにいる』くらいに思っていた」などと話した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年7月18日第3073号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ