『法定福利費』の労働関連ニュース

2020.10.08 【労働新聞】
建設業対策 働き方改革推進に重点 適正工期の確保図る 国交省・令和3年度事業

ICT活用で生産性向上  国土交通省は令和3年度、建設産業における働き方改革の実現や、女性や外国人材を含めた担い手確保・育成など建設市場の環境整備に重点的に取り組む方針だ。このほど取りまとめた予算概算要求において、関連予算として前年度予算の2倍に当たる8億4900万円を計上した。適正な工期設定やICT活用などを通じた長時間労働是正と生産性……[続きを読む]

2019.12.06 【労働新聞】
福利厚生費が最高に 1人月11万3500円 経団連調べ

 経団連は会員企業などを対象に実施した「2018年度福利厚生費調査」をまとめた。企業が負担した福利厚生費は、過去最高額に達し、1人1カ月平均11万3556円(前年度比4.8%増)となった。  福利厚生費のうち法定福利費は8万8188円(同3.9%増)で、同じく過去最高額に。法定外福利費は、…[続きを読む]

2017.08.17 【労働新聞】
ダンピングを防止 社保加入へ行動基準 中部整備局

 国土交通省の中部地方整備局(塚原浩一局長)は、愛知県の建設業における社会保険加入を促進するため、「愛知県建設業社会保険加入促進地域会議」を開催し全国で初めて共同宣言を採択した。  参画したのは、愛知県建設業協会や日本建設業連合会中部支部など計94の団体や企業。平成24~28年度の5カ年で進めてきた社保加入対策を一層徹底していくとともに、……[続きを読む]

2017.03.23 【労働新聞】
「法定福利費」必ず請求を 型枠工事業協会・後町理事 社会保険加入のため 業界に若者誘う必須条件

 「今後3~4年で業界の風景が変わる」ーー日本型枠工事業協会の後町広幸常任理事(後町建設工業社長)は3月6日、工務店主や一人親方らでつくる全建総連東京都連が東京で開いた集会で、官民挙げて開発が進む建設技能労働者の処遇改善システムを念頭に語った。評価の最低条件になる社会保険加入はもはや不可避とし、必要な法定福利費をゼネコンや元請業者に必ず請……[続きを読む]

2016.07.25 【安全スタッフ】
再下請負でも見積条件に明示 法定福利費の内訳を見積書へ 社保加入のガイドラインで改正案 国交省

 国土交通省は、「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」の改正案をまとめた。法定福利費を内訳明示した見積書の提出を、元請け・一次下請け間の場合と同様に再下請負(一次下請け・二次下請け間)の場合でも見積条件に明示することとした。法定福利費を内訳明示した見積書の扱いについて、建設業法に規定する見積りに該当することを明確にしている。元請け……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ