「全く提出せず」が半数も 社保加入促進へ実態調査 法定福利費の内訳明示見積書 電設協

2015.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本電設工業協会(山口学会長)は、「社会保険加入状況等の実態調査結果」をまとめた。会員企業に対し、注文者へ法定福利費を内訳明示した見積書を提出しているかを聞いたところ、「全く提出していない」がおよそ半数に上ることが分かった。未提出の理由のトップは「注文者から提出するよう指示がなかった」(38%)で、「注文者が総価格しか見ないなど提出しても意味がないと考えたため」(15%)も目立つ。一方、注文者へ同見積書を提出した企業にその結果を尋ねると、「見積金額全額を支払われる契約となった」(21%)が最も多かったため、今後は積極的な周知活動を展開するとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月15日第2242号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ