電工 請負額に手当上乗せへ 電設協

2014.05.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

処遇改善で協定書 夏頃ホームページに公表

 日本電設工業協会(山口学会長)は今年度、登録電気工事基幹技能者(電工)の処遇改善を図るため、職務手当などにおける優遇措置のモデルケース普及と、手当相当額を請負代金に上乗せして支払う協定書の利用促進に力を入れる。先進企業12社の取組みを整理したもので、夏頃を目途にホームページで公表するとした。手当が確実に支払われるよう元請は工事発注書に手当相当額、協力会社(下請)は工事見積書に職務内容と金額を明記する方法を検討中である。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月12日第2968号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ