『検討会』の労働関連ニュース

2020.09.28 【安全スタッフ】
事務所衛生基準見直しへ 女性や高齢者の活躍踏まえ 厚労省検討会 照度基準などが論点

 厚生労働省は、「事務所衛生基準のあり方に関する検討会」の第1回会合を開催した。およそ半世紀前に事務所衛生基準規則が定められて以降、女性の活躍促進や高年齢労働者の増加など、社会状況の変化により作業環境も異なってきていることから、清潔、休養に関する実態調査などを踏まえて、同規則や関連指針などの見直しを議論する考えだ。照度基準が現在の作業実態……[続きを読む]

2020.08.31 【労働新聞】
良質なテレワークへ 専門家で検討会設置 厚労省

 厚生労働省は、労務管理の専門家など8人で構成する「これからのテレワークでの働き方に関する検討会」(守島基博座長)を設置した。新型コロナウイルス感染症対策として、これまでにない規模でテレワークが広がったため、労働時間管理のあり方や社内コミュニケーション不足への対応などを検討する。…[続きを読む]

2020.08.27 【安全スタッフ】
複数社の労働時間通算 負荷要因も合わせて評価 厚労省検討会

脳心疾患労災を判断へ  厚生労働省の「脳・心臓疾患の労災認定の基準に関する専門検討会」は、このほど複数就業者による複数業務要因災害についての意見取りまとめを公表した。従来の労災認定基準に基づき、過重性の評価に関する「業務」を「複数業務」と解釈したうえで、労災保険給付の対象となるか否かを判断するのが適当とした。労働時間を評価するに当たっては……[続きを読む]

2020.03.16 【労働新聞】
一人親方化の抑制へ検討会 国交省

 国土交通省は来年度、建設業における社会保険加入や働き方改革の取組みをさらに推進するため、規制逃れを目的とした「一人親方化」の抑制に向けた検討を本格化させる。  国交省や厚生労働省など関係行政機関と建設業団体、学識経験者で構成する「建設業社会保険推進・処遇改善連絡協議会」の下に専門の検討会を設置し、…[続きを読む]

2020.02.26 【労働新聞】
保育の魅力向上に向けて検討会 厚労省

 人手不足が深刻な保育現場での人材確保を支援するため、厚生労働省は現場・職業の魅力向上に向けた議論を行う検討会を立ち上げた(写真)。検討会の設置に先駆け、1月16日から1カ月間、現場からの意見募集を実施しており、集まった意見や現場のヒアリングなどを踏まえ、4月中をめどに報告書をまとめる。  保育士の有効求人倍率は昨年11月時点で3.23倍……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ