『労働条件改善』の労働関連ニュース

2020.01.08 【労働新聞】
労働条件改善へ指導 タクシー運賃値上げで 国交省

 国土交通省は、タクシー運転者の労働条件を改善するため、今後予定されているタクシー運賃改定が行われた場合の留意事項について各地方運輸局長に通達した。運賃引上げ時に運転者の労働条件の改善措置を講じるよう事業者団体を指導することとした。  昨年6月~今年7月に申請された48地域の運賃改定については現在審査中で、国交省では来年2月の実施をめざし……[続きを読む]

2019.10.02 【安全スタッフ】
運転者環境認証制 実施団体を決定へ 国交省

 国土交通省は、働き方改革を重視する「ホワイト経営」の促進を図る「運転者職場環境良好度認証制度」の実施団体を決定した。自動車運送事業(トラック・バス・タクシー事業)などで働く運転者の労働条件や労働環境を改善し、長時間労働の是正などの働き方改革に取り組んでいる事業者を認証する制度で、公募によって認証実施団体に選定された一般財団法人日本海事協……[続きを読む]

2019.09.11 【労働新聞】
運送業で働き方改革 認証制度実施機関を決定 国交省

 国土交通省は、トラック・バス・タクシーなど自動車運送事業の運転者の労働条件改善に向けて今年度中にも創設する予定の「運転者職場環境良好度認証制度」の認証実施団体として、一般財団法人日本海事協会を選定した。今年6月以降、中立的な民間団体を公募していた。  同制度は、長時間労働の是正などの働き方改革に取り組む事業者を認証するもの。労働時間・休……[続きを読む]

2018.06.22 【労働新聞】
平均賃上げ6千円 ”流れは継続中”と評価 連合18春闘・中間まとめ

 連合がまとめた18春闘の中間まとめによると、平均賃金方式で要求・交渉したうちの4091組合が会社から回答を引き出し、その加重平均は6061円(2.09%)となった。前年の同時期と比べ255円、0.10ポイントの増加である。 とりわけ賃金構造維持分を把握でき、賃上げ分が明確に分かる2220組合の加重平均は1614円(0.53%)で、前年の……[続きを読む]

2016.04.07 【労働新聞】
アルバイト改善へ集中対策 厚労省がキャンペーン

 アルバイトの労働条件向上キャンペーンを展開――厚生労働省は、4~7月に掛けて、労働法を説明したリーフレットを大学で配布したり、出張相談を通じて新入学生の労働条件への関心を高めていく考えである。  同キャンペーンでは、学生数が多い大学などを中心に、都道府県労働局による出張相談、労働法に関するセミナーへの講師派遣、労働基準監督署における「若……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ