運送業で働き方改革 認証制度実施機関を決定 国交省

2019.09.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国土交通省は、トラック・バス・タクシーなど自動車運送事業の運転者の労働条件改善に向けて今年度中にも創設する予定の「運転者職場環境良好度認証制度」の認証実施団体として、一般財団法人日本海事協会を選定した。今年6月以降、中立的な民間団体を公募していた。

 同制度は、長時間労働の是正などの働き方改革に取り組む事業者を認証するもの。労働時間・休日に関する規定状況や労働実態などに応じて、一つ星~三つ星の3段階で取組み状況を認証する。

 認証実施団体は、事業者からの認証申請の受付・審査のほか、同制度に関するウェブサイトの開設・運営、認証業務の事務局および制度運営委員会の設置・運営などを行う。

令和元年9月9日第3224号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ