荷待ち時間の記録義務付け 国交省・7月から

2017.06.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国土交通省は、トラックドライバーの長時間労働の改善に向け、荷待ち時間などの記録を運送事業者に義務付けると発表した。貨物自動車運送事業輸送安全規則で定めている乗務記録の内容を改正し、荷卸しの開始・終了時間などを記録すべき事項として追加する。施行日は7月1日。

 規則の改正は、長時間労働の原因である荷待ちの実態を把握し、そのデータを元にトラック事業者と荷主の協力による改善の取組みを促進することや、荷待ち時間を生じさせている荷主に対して勧告を行うための判断材料とすることが目的。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月12日第3116号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ