『企業名公表』の労働関連ニュース

2019.02.08 【労働新聞】
裁量制に公表ルール 複数事業場で不適正運用 厚労省

 厚生労働省は、裁量労働制を不適正に運用した事業場に対する都道府県労働局長による指導実施および企業名公表の手続きを定めた。昨年12月に閣議決定された「労働施策基本方針」を踏まえ、監督指導に対する企業の納得性を高めるとともに、労働基準関係法令の遵守に向けた企業の主体的な取組みを促すのが狙いだ。…[続きを読む]

2018.12.18 【労働新聞】
無許可派遣で2人逮捕 千葉労働局が告発 千葉県警

法人名公表後も是正せず  千葉県警は11月29日、無許可で労働者派遣事業を行ったサン・ワーク㈱(千葉県市川市)の会長と代表取締役の男女2人を逮捕した。千葉労働局(高橋秀誠局長)が、7月20日に刑事告発していた。同社は昨年8月に無許可事業主として全国でも初めて法人名を公表された。同労働局は法人名公表後も行政指導を続けたが、同社は「労働者」で……[続きを読む]

2017.10.06 【安全スタッフ】
違法な長時間労働改善せず企業公表 愛知労働局

 愛知労働局(木暮康二局長)は、管内で違法な長時間労働を行っている企業名の公表に踏み切った。複数の事業場での労働基準法違反が認められたのは大宝運輸㈱(本社:名古屋市中区)。 同社は、4つの事業場にそれぞれ勤務する労働者84人に対し、1カ月当たり80時間を超える時間外・休日労働を行わせていた。100時間超の者は74人に上っており、最長の者は……[続きを読む]

2016.10.04 【労働新聞】
82人が内定取り消しに 厚労省・1企業名を公表

 今年3月の高校・大学卒業者82人が内定取消しに。厚生労働省の平成27年度調査で明らかになったもので、このうち大学生2人の内定を取り消した1社の企業名を公表している。それによると、内定を取り消したのは、32事業場82人で、前年の29事業所60人を上回った。今年は、このうち52人が8月までに新たな就職先を確保している。また、入職時期を繰り下……[続きを読む]

2015.06.15 【安全スタッフ】
違法な長時間労働 繰返すなら公表へ 厚労省

 厚生労働省は、違法な長時間労働を複数の事業場で繰り返している大企業に対し、都道府県労働局長が経営トップに全社的な早期是正を指導し、その違反事実の詳細とともに社名公表を行う。 「社会的に影響力の大きい企業」が対象で、具体的には「複数の都道府県に事業場を有している企業」であって「中小企業に該当しないもの」となっている。 労働時間、休日、割増……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ