厚労省 長時間労働削減本部を設置 11月から送検積極化

2014.10.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

幹部集め具体策検討へ

 厚生労働省は、塩崎恭久大臣を本部長とする「長時間労働削減推進本部」を設置、過重労働撲滅に向けた重点監督や司法処分、企業名公表などの取組みを積極化させる考えである。同本部では、事務局長に岡崎淳一労働基準局長を据え、関係幹部クラスが一体となって長時間労働対策の立案と推進に力を入れる。さらに同本部の下に、関係課長クラスによる「過重労働等撲滅チーム」と「働き方改革・休暇取得促進チーム」、および労働基準局の若手職員、労働基準監督官からなる対策推進チームを置いて実効性を高める。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月20日第2989号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ