残業過少申告が常態 電話相談に488件 厚労省

2015.12.14 【労働新聞】

 厚生労働省が11月7日に開設した「過重労働解消相談ダイヤル」に488件の問い合わせがあった。そのうち「長時間労働・過重労働」に関する相談が236件、「賃金不払残業」が218件、「休日・休暇」が…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月14日第3044号1面

あわせて読みたい

ページトップ