過重労働情報の提出義務化へ 深夜業回数を定期的に報告 産業医制度検討会で提案 厚労省

2016.08.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

shh2

 厚生労働省は、「産業医制度の在り方に関する検討会」の第5回会合(写真)を開催し、これまでの議論を踏まえた論点の整理案を提出した。過重労働対策などで有用な労働時間、深夜業の回数などの情報、衛生管理者が行う週1回以上の職場巡視の結果などの情報について、定期的に事業者から産業医に提出するよう義務付けることを提案している。近年、長時間労働やメンタルへルスなどに関する情報が重要になっている一方で、産業医による毎月1回以上の職場巡視だけでは把握に限界があるとして、より効率的に事業者から情報が提供される仕組みが必要と考えている。産業医が労働者に確実に面接指導の申出の勧奨を行うことができる体制づくりを進める狙いがある。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月15日第2264号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ