3年以内の重大な災害で 従わなければ企業名公表も 「特別改善計画」要件固める 厚労省

2015.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、「特別安全衛生改善計画」の作成指示の要件を明らかにした。重大な労働災害を繰り返すケースに関して企業単位で指導できる仕組みだ。従わない場合は勧告や企業名の公表ができる。対象となる重大な労働災害とは、死亡災害および負傷・疾病により障害等級第7級以上の障害に当てはまるもの。その後3年以内に同じ企業の事業場で重大な災害を再び発生させ、事業者が労働安全衛生法などに違反していた場合に作成を指示する。障害等級の指定については、厳密に障害等級が決定するまで待つものではなく、負傷・疾病の状況から生じる恐れがあると判断したものも含むとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月1日第2227号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ