回収・改善命令 産業機械の適用範囲拡大へ 「経営成り立たず」懸念の声も 重大災害はメーカー名公表 厚労省

2013.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、災害の発生する危険がある産業機械の回収・改善命令制度のあり方について検討を始めた。構造規格を持たない機械へ命令の適用範囲を広げ、さらに重大な災害が発生した場合などにメーカー名を含めた災害の詳細を公表する案を論点として挙げている。検討会では、委員が産業機械メーカーに中小企業が多いことを踏まえ、「経営が成り立たなくなるのではないか」と懸念する声が上がった。また、ユーザー側の安全を軽視した仕様での発注や、違法改造による災害の危険なども指摘された。今後、費用負担のあり方、命令や公表を行う際の要件をどう線引きするかなどを検討していく。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月1日第2193号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ