『リスク評価』の労働関連ニュース

2021.03.29 【安全スタッフ】
【特集1】ヒヤリハットを簡易リスク評価 潜在危険にいち早く対処 フィードバックし機運高める/ライオンケミカル㈱ファインケミカル事業所

 ライオンケミカル㈱ファインケミカル事業所(茨城・神栖市)では、ヒヤリハット報告に対し「選択肢を盛り込み定型化した簡易リスク評価」を実施している。報告後の対応の仕組みを作り、拾い上げた潜在リスクに迅速に対処して災害の未然防止につなげる点が特徴だ。上司からフィードバックすることで報告の機運を高めている。事業所に根付くPDCAサイクルを回しな……[続きを読む]

2021.01.05 【安全スタッフ】
【特集1】設計段階から安全確保へ マップで危険源分かりやすく/花王株式会社栃木工場のリスクアセスメント

 災害ゼロから危険ゼロへ――。花王株式会社栃木工場(栃木・市貝町)では、1992年から潜在する危険の芽を事前に摘む方針としており、約10年を1期として期ごとにテーマを掲げて安全衛生活動に取り組んでいる。現在の第3期で行っている機械設備のリスクアセスメントでは、設計段階から安全確保を図ることとしており、機械の危険源をすべて抽出し、リスク評価……[続きを読む]

2018.06.12 【安全スタッフ】
【特集1】危険源特定しリスク評価 自問自答カードによる意識付けも ゼロ災続ける中小企業の安全活動 山岸製作所

 大企業に比べて人員の限られる中小規模の会社でも、従業員が安心して働けるようにと職場の安全に力を注ぐ事業場は多い。長野市にある輸送用機械器具製造業の㈱山岸製作所(山岸章・代表取締役社長、従業員:49人)もそうした安全衛生に熱心な会社のひとつ。社長が掲げる安全衛生理念のもと、長年にわたって無災害を継続している。職場の危険源を洗い出してリスク……[続きを読む]

2017.06.15 【安全スタッフ】
化学物質の評価方法 経皮吸収が検討課題 厚労省検討会

 厚生労働省は、平成29年度の化学物質のリスク評価方針(案)を固めた。一昨年度に表面化したオルト―トルイジンなどを経皮吸収することによる膀胱がん事案の教訓を受け、「化学物質の経皮吸収等」を反映したリスク評価を行っていく必要があるとした。このため、経皮吸収の評価方法を決定した後、過去にリスクが低いと評価された化学物質の評価を改める場合もある……[続きを読む]

ページトップ