『ベースアップ』の労働関連ニュース

2020.05.21 【労働新聞】
【賃金調査】中労委/令和元年賃金事情調査 大手の大卒・総合職モデル 55歳63万円がピーク ベテラン層で増加傾向

通勤手当 平均限度額は7.7万円  大手企業の賃金実態を調べている中央労働委員会の「賃金事情調査」によると、大卒・総合職のモデル賃金は22歳22.0万円、35歳39.5万円、45歳54.8万円などとなり、ピークを迎える55歳は62.9万円だった。55歳以降で改善がみられ、60歳では4.3%増加した。実在者の所定内賃金においても、大卒・男性……[続きを読む]

2019.08.05 【労働新聞】
5年連続ベア獲得 19年賃金交渉で中間報告 日建協

 中堅ゼネコンの技術系ホワイトカラーの組合員でつくる日本建設産業職員労働組合協議会(日建協、久保田俊平議長)はこのほど、2019年賃金交渉の中間報告を公表した。ベースアップを獲得した組合が5年連続で7割を超え、堅調な企業業績が反映された。  7月4日時点で加盟35組合中、31組合が妥結。そのうち23組合がベースアップを獲得し、単純平均で3……[続きを読む]

2018.05.02 【労働新聞】
賃上げ曲線下降せず “300人未満”労組が健闘 連合春闘集計

 連合が4月19日時点でまとめた18春闘集計(第4回)の結果によると、平均賃金方式で妥結した3479組合(組合員数253万2069人)における定期昇給相当額込みの賃上げ額は6128円(2.10%)となり、6日早い前年同時期(4月13日時点)の5940円(2.02%)を188円(0.08ポイント)上回っていることが分かった。 300人以上の……[続きを読む]

2018.05.01 【労働新聞】
味の素グループ・親会社超え賃上げ続出 14社中10社でベア

労働側の決意に応える 味の素㈱が今春闘で目にみえる賃上げを行わなかった一方、同社のグループ14社中10社の子会社が、2000円から7000円のベースアップを妥結する見込みにあることが分かった。グループ経営を加速する会社の真のカウンターパートをめざした味の素グループ労働組合(AGU)の結成効果の1つとみられ、情報共有レベルの協議会からグルー……[続きを読む]

2017.02.06 【労働新聞】
【賃金調査】経団連・東京経協/2016年昇給・ベースアップ調査 2016年賃上げ率 2年前と同じ2.2%に

3年連続で過半数がベア 500円減の6,800円強 経団連と東京経協が共同実施した「昇給、ベースアップ実施状況調査」によると、2016年の平均賃上げ額は6,812円、所定内賃金に対する賃上げ率は2.2%となった。15年結果と比べると496円減、率では0.2ポイント低下し、14年並みの水準に落ち込んだ。昇給・ベアの区別がある企業222社の集……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ