中小企業65%が賃上げ 3分の1でベア実施 経産省調査

2014.09.01 【労働新聞】

 経済産業省は「中小企業の雇用状況に関する調査」結果を取りまとめた。中小企業・小規模事業者の64.5%が、平成26年度に正社員の1人当たり平均賃金を引き上げた(予定を含む)ことが分かった。前年度の56.8%から7.7ポイント上昇している。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年9月1日第2983号2面

あわせて読みたい

ページトップ