ベアも選択肢の一つ 15年労使交渉へ方針 経団連

2015.02.02 【労働新聞】

 経団連は、「2015年版経営労働政策委員会報告」をまとめた。経済の好循環の2巡目を回していくため、賃金の引上げを前向きに検討すべきとしているが、ベースアップは一つの選択肢に過ぎないと指摘している。

 同報告によると、14年の交渉では、近年にない高水準の賃金引上げが達成でき、経済の好循環に一定の貢献をしたとみている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年2月2日第3003号1面

あわせて読みたい

ページトップ