14年春季交渉で2.28%アップ 経団連・最終集計

2014.07.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連は、2014年春季労使交渉の最終集計を明らかにした。500人以上主要企業109社を集計(加重平均)したところ、定期昇給を含む妥結額は7370円で、2.28%アップ。前年は5830円、1.83%だった。

 業種別にみると、製造業が7421円(前年5793円)、2.35%、(同1.83%)、非製造業は同7127円(同6058円)、2.00%(同1.80%)となり、いずれも大幅に上昇。なかでも、機械金属のアップ率が最も高く、3.18%(妥結額9258円)に達している。

平成26年7月28日第2978号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ