味の素グループ・親会社超え賃上げ続出 14社中10社でベア

2018.05.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働側の決意に応える

 味の素㈱が今春闘で目にみえる賃上げを行わなかった一方、同社のグループ14社中10社の子会社が、2000円から7000円のベースアップを妥結する見込みにあることが分かった。グループ経営を加速する会社の真のカウンターパートをめざした味の素グループ労働組合(AGU)の結成効果の1つとみられ、情報共有レベルの協議会からグループ労組への衣替えを図り、春闘の認識合わせに取り組んだ成果が表れたもの。グループ全体で生産性を上げていく労働側の決意に会社が応えた側面もありそうだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月7日第3159号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ