18春闘集計 21世紀に入り最高 300人未満2%超で推移

2018.05.25 【労働新聞】

 今年の18春闘でベースアップを含む賃金改善分を獲得した組合は、昨年同時期より10ポイント以上多い43.6%で推移していることが、連合の第5回集計結果で分かった。とくに300人未満の中小労組の健闘が際立っており、この時点の賃上げ率としては21世紀以降初めてとなる2%超の水準となっている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年5月28日第3162号4面

あわせて読みたい

ページトップ