連合18春闘 “4%程度”流れ定まる 「基本構想」を支持

2017.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

中央討論集会で異論なし

 連合は、18春闘方針の素案をたたき台にした中央討論集会を11月1日・2日の2日間東京で開催し、定期昇給相当分込みで4%程度(ベア2%程度)を基準に掲げた「基本構想」がおおむね支持された。5年連続のベア要求を各産別に促す流れが定まったもので、実態として相場牽引役を担う自動車など大手金属系産別の去就が今後の焦点。同構想は「底上げ」を最大の狙いに位置付けており、同様の趣旨を含む「働き方改革」の実行とセットで経営側に迫る構えをみせている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月13日第3136号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ