JR東日本 労使共同宣言を破棄 一方的スト通告で 労組脱退者1万人超す

2018.03.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東日本旅客鉄道㈱は、社員の約8割が加入するJR東労組と締結し、更新を繰り返してきた「労使共同宣言」を破棄した。今期の賃上げ交渉開始早々から同労組が一方的にストライキを通告してきたためで、労使で話し合って平和裡に物事を解決することをうたった同共同宣言の趣旨に反すると判断。執行部の強硬姿勢に馴染めない者を含め、同労組からの脱退者が1万人を超す事態に至っており、とりわけ公共交通機関において、労働組合に与えられた「伝家の宝刀」の重みを裏付ける事態が生じている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月19日第3153号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ