2011年3月配信の労働関連ニュース

2011.03.15 【安全スタッフ】
【安全体感ケンブン録】法令の解説に説得力 技能伝承もスムーズ/真岡製作所「安全体感技塾」

 自動車部品の鋳物製造を主な業務としている㈱真岡製作所(仁科捷哉代表取締役、本社:栃木・真岡市、従業員:220人)は、研修施設「安全体感技塾」を開設し、同社社員だけではなく社外の受講希望者も受け入れている。危険感受性の向上はもとより、技能の伝承という観点から、関係法令も教育するなど、体感訓練だけで終わりにならないよう工夫を凝らした内容とな……[続きを読む]

2011.03.15 【安全スタッフ】
新規取得の4社へコスモス認定交付 建災防

 建設業労働災害防止協会は2月18日、建設業労働安全衛生マネジメントシステム(略称:コスモス)認定を新規に受けた「白鷺電気工業㈱(本社:熊本県熊本市)」「㈱堀口組(本社:北海道留萌市)」「清水建設㈱名古屋支店(本社:愛知県名古屋市)」「大山土木㈱(本社:岐阜県高山市)」へ認定証を交付した。  白鷺電気工業は、「事実確認」「問題点の発見」「……[続きを読む]

2011.03.15 【安全スタッフ】
荷役作業の災害防止を運送業者へ講習会開く 東京・品川労基署

 東京・品川労働基準監督署(花房克好署長)は2月17日、同労基署会議室で「道路貨物・港湾運送業の労働災害防止等講習会」を開催した。同労基署管内では、荷役作業時での墜落・転落や挟まれ・巻き込まれ災害が少なくない。また、全産業で過労死、過労自殺の労災保険申請件数が増加傾向にある状況で、運輸業にも申請があるという。  講習会では、桝島晋司産業安……[続きを読む]

2011.03.15 【安全スタッフ】
派遣労働者を対象に安全マニュアル作成 陸災防

 陸上貨物運送事業労働災害防止協会は、運送業・倉庫内作業を行う派遣労働者の安全確保を図るため、災害防止のポイントをまとめたマニュアルを作成した。トラックの荷役作業を中心とした安全対策と派遣元・先による管理のポイントなどを解説したもの。  フォークリフト作業では運転者以外の補助者などの被災が約6割を占め、対策として「作業計画の策定、周知」「……[続きを読む]

2011.03.15 【安全スタッフ】
安全企業の情報を公表 消費行動へ“ブランド化” 「安全から元気を起こす懇」 厚労省

 厚労省の「安全から元気を起こす懇談会」は2月24日に開いた第2回会合で、企業の自主的な労災防止活動を活性化する戦略として、安全活動に取り組む企業の情報を国民にアピールする「安全プロジェクト(仮称)」を立ち上げる方向性を打ち出した。  厚労省のホームページにプロジェクトの賛同企業を掲載。リンクを貼ることで誰でも賛同企業の安全活動を見ること……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。