職場復帰プログラム 専門家が作成をサポート メンヘル支援センター拡充へ 2万件超える訪問目指す 厚労省

2011.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、職場でのメンタルヘルス対策の取組みを総合的に支援するメンヘル対策支援センター事業を、平成23年度から大幅に拡充する。今年度の約2.5倍の予算を計上し、従来まで実施していた助言や管理監督者に対する教育に加えて、新たに職場復帰プログラムの作成支援を行う。また、訪問支援の対象事業場を2万1600件以上と目標に掲げ、事業場の取組みを促進していく考えだ。地域の事業者や産業保健スタッフの連携を目的とした交流会なども予定している。

 メンタルヘルス対策支援センターは、メンヘル不調の予防から…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年3月1日第2133号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。