仕事内容に魅力が4年半で半減 学生の企業選び

2017.01.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 人材コンサルティング業の㈱ディスコ(東京都文京区、新留正朗代表取締役社長)は、2018年卒業予定の学生1203人に、就職意識等に関する調査をインターネット上で実施した。就職先を決める際に重視する項目として、仕事内容が魅力的であることを挙げる学生が、この4年で半減していることが明らかになっている。

 それによると、4年前の同調査では37.8%だった「仕事内容が魅力的」が、今回の調査では18.9%にまでダウンしている。学生が重視する項目は多いものから順に、安定している(47.6%)、将来性がある(43.9%)、給与・待遇が良い(36.7%)、職場の雰囲気が良い(29.8%)などとなっている。

関連キーワード:
平成29年1月30日第3098号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ