【フォーカス】シティコミュニケーションズ/障害者雇用 3者で連携に力注ぐ

2017.02.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

キーは外部の支援者 人事部・担当者が協調し

 ㈱シティコミュニケーションズ(神奈川県横浜市神奈川区、三田大明代表取締役社長,847人〈うちアルバイト563人〉)では、多様な人材の受入れを推進しており、ここ10年ほどは、障害者を積極的に雇用している。

 障害者の受入れに就労移行支援事業所から情報を得るとともに、トラブルが生じた際にフォローしてもらえる態勢をつくった。人事部、店舗担当者、就労移行支援事業所の3者が連携を深めることで、障害者がスムーズに働くことができている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年1月30日第3098号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ