【フォーカス】藤沢市資源循環協同組合/障害者雇用 入社前に2週間研修 適性みて業務決める 

2019.05.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「施設」の協力仰ぎ採用

ペットボトルのラベル剥きは基本作業の1つだ

 リサイクル業の藤沢市資源循環協同組合(神奈川県藤沢市、金田勝俊代表理事、103人)は、障害者支援施設の協力を得て、障害者の特性を生かした採用と育成を進めている。施設の担当者は、組合で基本的な作業を把握し、それができると見込んだ協調性のある人を推薦。組合では、被推薦者を採用する。入社後の担当者、障害者との関係を重視するためだ。入社前には、2週間の研修を通して障害者の適性把握に努め、担当者に相談のうえ、配属グループや担当業務を決める。配置転換は、本人の希望があれば担当者に相談して検討する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月3日第3211号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ