新聞配達で事故倍増 中高年者対策求める 三重労働局

2020.09.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 三重労働局(西田和史局長)管内では、朝刊配達中の労働災害が多発している。今年6月末時点で休業4日以上の死傷者数は前年同月比2.3倍増となり、うち1人が死亡した。年代別にみると、50歳以上の死傷者が8割を占めている。

 新聞販売業は再雇用や再就職した中高年齢労働者が多い。二輪車運転中や歩行中に障害物でバランスを崩す、目測を誤るなどにより労災が発生するほか、経験年数の浅さから安全教育が不十分な傾向にある。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年8月31日第3270号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ