4割超が経済的不安訴え 男性育休促進へ事例 三重労働局

2012.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

賃金と教育面で支援必要

 三重労働局(藤井礼一局長)はこのほど、男性育児休業と両立支援取組企業の好事例集をまとめた。育休を取得した男性の4割超が「経済的な不安」を訴えるなど、賃金面におけるサポートの重要性が改めて浮き彫りになった。最初の2週間について「100%賃金保障」と定めている事業所では制度の認知度の低さがネックになっており、取得促進には賃金面に加えて周知啓発の強化が不可欠とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月21日第2873号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ