【スポット】高速道路工事現場で緊急安全パトロール 4カ月で3人の死亡事故受け/国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所

2020.06.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

重機周辺を細かくチェック

 国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所は、中部横断自動車道で死亡事故が相次いでいることから、緊急安全パトロールを実施した。同自動車道では、2013年度以降、8人の死亡災害が発生しており、特に昨年12月からの4カ月間で3人が死亡している。同事務所では、全ての工事現場に安全パトロールを実施することとした。5月20日は、山梨県身延町のトンネルや橋の工事現場を巡視。重機周辺に人が立ち入っていないか、作業手順書に沿って作業が行われているか、厳しくチェックを行った。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年7月1日第2357号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ