【スポット】北陸新幹線延伸工事 土工工事最盛期を見学/建設労務安全研究会

2019.10.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設労務安全研究会(本多敦郎理事長)が行った今年の見学会(52回目)は、前田建設のJVが手掛ける北陸新幹線延伸工事現場。JR福井駅の近くを流れる足羽川をまたぐ橋りょう工事で、土工工事がちょうど最盛期を迎えたタイミングだ。現場のすぐ脇を走る在来線との接触や河川上というリスクを回避しながらの仕事ぶりに、参加したメンバー一同敬意を表した。

作業員は1日当たり約700人

 「南越駅(仮称)」という新駅の設置計画でも注目を集める北陸新幹線延伸工事(金沢-敦賀間)。今回、労研メンバーを迎え入れたのは「足羽川橋りょう他工事」の現場で、受注者は「前田建設・アイサワ工業・前田産業JV」。JR福井駅にほど近い足羽川をまたいで走る営業線(在来線)近接現場だ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年11月1日第2341号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ