【スポット】地山崩壊対策を緊急要請 深さ2m未満でも死亡災害が 東京・上野労働基準監督署

2021.01.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・上野労働基準監督署(柴田優署長)は、建設工事現場の地山崩壊災害防止対策を徹底するよう管内の現場約80カ所などに緊急要請した。近年、工事現場で土砂崩壊災害の発生が目立っており、背景に安全対策の不備や不十分な作業計画、危険に対する認識不足が散見される。「掘削深さが浅い掘削溝や、土木工事以外の住宅工事でも地山崩壊が起こることを知ってもらいたい」と注意を呼び掛けている。

土木工事でなくても注意が必要

 「地山崩壊災害防止のための周知徹底について」と題して昨年12月15日に発出した緊急要請は、建設業労働災害防止協会東京支部台東分会と管内で稼働している80の現場所長宛に災害防止の注意喚起を行う内容。管内では昨年10月、共同住宅新築工事で土工を請け負っていた建設業の労働者が高さ約1.5mの地山から崩れてきた土砂と近くにあった車両系建設機械に体を挟まれて骨折するなど、過去5年間、ほぼ毎年工事現場で地山崩壊災害が発生している。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年2月1日第2371号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。