副業者の健診を助成 一社10万円が上限 健康安全機構

2020.06.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働者健康安全機構は副業・兼業労働者に一般健康診断を実施した企業に対する助成金の手引きを公表した。今年度新たに創設したもので、労働者1人当たり健診費用として1万円を助成する。1事業場の上限は10万円となっている。

 40歳未満の本業・副業ともに週の所定労働時間が通常の労働者の4分の3に満たない労働者に、会社負担で健診を受けさせた事業者が助成の対象となる。健診実施後の医師の意見聴取などの取組みは任意とした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年6月22日第3262号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ