【特集1】クイズで指差し呼称を教育 写真から間違い見つける 「リーダー会」が安全活動けん引/竹中工務店横浜支店 (仮称)小杉町二丁目計画作業所

2016.12.29【安全スタッフ】
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

as2017_2273_03-5b 竹中工務店横浜支店の(仮称)小杉町二丁目計画作業所では、協力会社の職長の集まりであるリーダー会が中心となって、活発な安全衛生活動が展開されている。クイズ形式で誤りを探す「指差体感訓練」では、重機作業や安全帯、玉掛けなどをテーマに、関連する作業場所に写真付きの看板を設置。間違っている箇所を見つけながら、指差し呼称で確認すべき点を教育している。毎日の朝礼でも、当日の危険作業確認や抜き打ちの一人KY、平均台歩行による体調確認など工夫を凝らす。

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : [安全スタッフ平成29年1月1日付2273号]

あわせて読みたい

ページトップ