デジタル革新めざせ 異動は社員の意向重視 経団連

2020.04.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連は、「Society5.0時代を切り拓く人材の育成」について提言をまとめた。社員の意識と組織文化の変革、自律的なキャリア形成の支援、デジタル革新を担える能力開発――の3つを柱とし、働き手から選ばれる企業をめざすことが重要としている。

 意識と組織文化の変革では、意欲と能力を持つ社員に対して様ざまな経験の機会を提供するとともに、積極的に…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年4月20日第3253号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ