「起承転結」が肝心 デジタル時代の人材 経団連

2020.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連は、デジタル技術の進展によって社会が急激に変革し、先が見通せなくなった時代に対応した人材・組織のあり方を提言した。求められる人材像は「起承転結」で整理できるとした。

 新規アイデアを発想しゼロから1を仕掛けられる「起」の人材、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年5月25日第3258号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ