賃金改善実施は困難 定昇の延期・凍結も視野 経団連・2012年版経労委報告

2012.02.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連は、2012年版の経営労働政策委員会報告を作成し、今春の労使交渉における経営側のスタンスを明確にした。労働側が昨年に引き続き「1%を目安に賃金を含め、適正な配分」を要求していることに対し、「企業の危機的な経営環境への認識が甘いといわざるを得ない」と一蹴した。

 同報告によると、賃金決定に当たっては、総人件費を管理する観点から、自社の支払い能力に即して判断するのが重要とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成24年2月6日第2859号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ