目標達成率57.7%に 不当労働行為審査

2020.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働委員会は、2019年末時点の不当労働行為審査期間の目標達成状況を明らかにした。同年に係属し、終結した不当労働行為審査事件52件のうち、目標である1年3カ月以内に終結したのは30件で、達成率は57.7%だった。

 終結した52件の平均処理日数は493日。1年3カ月以内に終結した30件の処理内容をみると、「取下げ・和解」が86.7%と9割近くを占め、「命令・決定」は13.3%だった。

令和2年3月9日第3248号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ