申請の点検怠り社労士が戒告に 厚労省

2020.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は助成金に関する申請書の点検を怠ったとして、社会保険労務士法人みなと経営労務事務所(大阪府大阪市)の前田桂吾社会保険労務士(大阪府社会保険労務士会所属)を戒告処分とした。処分は令和2年1月25日付け。

 同社労士は平成28年5月~12月までの間、3件のキャリアアップ助成金の支給申請書について、虚偽の領収書を添付し、奈良労働局に提出した。添付書類を含めた点検をしていなかった。

関連キーワード:
令和2年3月2日第3247号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ